チームファイト タクティクス(ランク戦)FAQ

かわいい見た目に騙されてはいけません。タクティシャンたちはすでに大舞台で戦う準備が整っています。TFTはとても奥が深く、皆さんにとってマスターする価値のあるゲームである、ということをお伝えできればと思います。

サモナーズリフトと共通する部分もありますが、私たちはTFTならではの魅力を強調したいと考えました。TFTでは他プレイヤーとの関係性がより重要になる一方で、操作自体の難易度は低く、また運の要素も適度に存在します。サモナーズリフトと同様のティアやディビジョンが存在し、どれだけLPを得るか、また失うかはそのプレイヤーの活躍にかかっています。

押さえておくべき相違点はいくつかあるものの、それでもTFTのランク戦はサモナーズリフトのランク戦と同じくらい楽しいものです。それでは、今からモールダイバーの穴に飛び込んで、TFTへの理解を深めていきましょう!

基本

  • TFTのランク戦をプレイするために必要な条件は?
    • 現時点では何もありません!レベル1からすぐにランク戦をプレイできるようになっています。
  • どんなティアが存在しますか?
    • アイアン、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、さらにはマスター、グランドマスター、そしてチャレンジャーまで存在します(LoLと一緒です!)。
  • フレンドとグループを組んでランク戦をプレイできますか?
    • できます。ただし、いくつか制限があります!友情パワーは良いものですが、それだけで勝ててしまっても困りますからね。
    • 通常のランク戦の場合、全員がダイヤモンド以下であれば、3人までのグループで対戦待ちが可能です。マスター以上の場合、自分一人で対戦待ちをすることになります。
    • ハイパーロールの場合、4,200 LPに到達するまでは、最大8人グループで対戦待ちを行えます。その後は、2人まで減らす必要があります。
    • ダブルアップの場合、ランクの高さに関係なく、ペアでランク戦に参加することができます。
  • TFTのランクはスプリットポイントにカウントされますか?
    • いいえ。TFTはスプリットポイントには影響しません。

TFTのランク褒賞について

ランク褒賞の仕組みは?

シーズンごとに、一定以上のランクに到達したプレイヤーは限定のエモートを獲得できます。このエモートは達成したランクに応じてデザインが変わるため、苦労して勝ち取ったグランドマスターの座をアピールするのに最適です。

褒賞を受け取れるのは、どのティアからですか?

エモートを入手できるのは、ゴールドから上のティアだけとなります。それ以外についてはシーズンごとに異なりますが、できるだけ皆さんの努力に見合う褒賞にしたいと考えています!

褒賞の受け取り資格に影響するものは?

言うまでもありませんが、チートはご法度です。つまり、チートに関連するペナルティを受けた場合は、ご想像の通り…褒賞は受け取れません!

サーバー移行時のランクへの影響

サーバーを移行するとランクはどうなりますか?

  • サーバー移行時にはMMRもそのまま移行されますが、MMRは全サーバーで共通というわけではありませんのでご注意ください。移動先のサーバーではプレイヤーのスキルレベルが以前のサーバーとは異なる場合があります。
  • またアカウントを移行するたびに、振り分け戦を5試合プレイしなくてはなりません。以前プレイしていたサーバーに戻る場合でも振り分け戦は必要になります!
  • 移行後のサーバーで振り分けられるランクは最高でアイアン II までです。

サーバーを移行すると褒賞はどうなりますか?

ランク褒賞がコレクションに追加された後であれば、すべて所持したままサーバーを移行することができます。

ランクシーズンについて

TFTのランクシーズンの期間は?

  • チームファイト タクティクスは「発見」のゲームです。1試合の中でもターンごとに劇的な変化が起こりうるので、それをランクシーズンにも反映させたいと考えています。そのためTFTではシーズンの合間に、サモナーズリフト以上に大きな変更を積極的に行うつもりです。
  • 現在は数ヵ月ごとのシーズン更新を目標としているため、1年あたりのシーズン数は3~4シーズンとなるでしょう。シーズンごとに固有のセットが用意され、1つのセットが複数のシーズンにまたがって使われることはありません。
  • ただし、TFTはまだ生まれたばかりなので、これから成熟させていく必要があります。つまり現時点での決定は、今後変更される可能性があるということです。TFTと皆さんにとってベストなシーズンの在り方を、今後も模索していきたいと思います!

スプリットとランクキュー

フレンドと(グループで)対戦待ちするときに注意しておくべきことは?

友情って最高ですね!とはいえ、この場合も前述のルールが一部適用されます。全員ダイヤモンド以下であれば、3人までのグループで対戦待ちが可能です。マスター以上の場合、自分一人で対戦待ちをすることになります。

振り分け戦、昇格、シリーズ

振り分け戦について教えてください。

  • ランクシーズンが始まるたびに、皆さんはTFT生活をゼロからやり直し、新しいセットについて学んでいくことになります。そのため、皆さんのMMRもソフトリセットされます。ここでいう「ソフトリセット」とは、自分のMMRが全体の平均にいくらか寄せられる、という意味です。
  • 最初にTFTのランク戦をプレイすると、まず暫定ランクとしてアイアン II が割り当てられます。振り分け戦は全部で5試合行います。5試合目が終わったところで正式なランクが確定します。
  • TFTの振り分け戦はLoLのランク戦と同じ仕組みなので、LPの獲得量がブーストされることはあっても、失うことはありません。LoLのベテランプレイヤーであれば、すぐに理解できるかと思います。
  • …ここだけの話ですが、振り分け戦では1試合あたり最高で100 LPまで獲得可能です!

昇格とシリーズについては?

  • TFTには昇格シリーズがありません。100 LPに到達すれば、余剰分のLPを持ち越して自動的に次のディビジョンに上がります(例:アイアン II で90 LPのプレイヤーが試合に勝利して30 LPを獲得すると、20 LPを持ったままアイアン I に昇格します)。
  • そして、4位以上で試合を終えたプレイヤーがLPを失うことはなくなりました。反対に、5位以下で試合を終えた場合はLPを獲得できなくなりました。

降格とLPの減衰

まず始めに、LPの減衰に関するあらゆる疑問に(できる限り)お答えしたいと思います。

  • LP減衰が適用されるのはマスター以上のみです。
    • マスター以上では、最大10ゲームまで「試合貯金」が可能で、貯金は1日に1ゲームずつ減少していきます。そして試合貯金がなくなると、お手持ちのLPが毎日250ずつ減少していきますので、ご注意ください!
    • なおパッチ10.6より、LP減衰によってマスターまたはダイヤモンドから下位のティアに降格することはなくなりました。
  • ちなみに、振り分け戦中のLP減衰はありません。頑張って上を目指しましょう!

次は降格についてです。

  • パッチ11.22より、アイアンからマスターまでのティアにいるプレイヤーは、ティアが降格しなくなりました。
  • グランドマスター、チャレンジャーのティアでは、従来どおり降格することがあります。
  • また、現在いるティアの中で下位のディビジョンに降格するのも変わりません(例:ゴールドIからゴールドIIへの降格)。
  • 現在のランクに対してMMRがかなり低く、LPが0になっていると、下位のディビジョンやティアに降格します。改めてお伝えしますが、降格する可能性があるのは、グランドマスターとチャレンジャーのプレイヤーだけです。
  • TFTには昇格シリーズが存在しないため、試合数に準拠した降格猶予システム(例えば「最初に昇格してから3試合は降格が猶予される」といったようなもの)も存在しません。
この記事は役に立ちましたか?

お探しのテーマが見つかりませんか?

技術的な問題からアカウントの問題まで、サポートいたします! お問い合わせください!サポートからできるだけ早くお返事いたします。

/ お問い合わせ